自律神経失調症>自律神経失調症の漢方療法のメリット

身体の悪い部分を治療していくのが西洋医学なら、
東洋医学は全身のバランスを整えることを目的としているものです。
自律神経失調症の治療における東洋医学の治療法には、
漢方療法があります。
漢方療法に即効性はなく、体質を改善していくものですから、
気長に続けることが重要となります。

身体の持っている本来の免疫力や
自然治癒力を回復させていく漢方療法をするときには、
専門の漢方薬局を利用する方法が安全です。
漢方薬局の数はまだ少なく、
利用できる場所が限定されているのが現状ですが、
漢方療法は自律神経失調症を治す、信頼できる治療法とされ、
これからの発展が期待されています。

自律神経失調症にありがちな症状となる、
熱っぽい感じやイライラするときには
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)が、
イライラして眠れないときには竹茹温胆(ちくじょうんたんとう)。
女性に多く見られる症状の生理不順やめまい、
疲労感や頭痛といったものには、加味逍遥散(かみしょうようさん)、
女神散(にょしんさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
といった漢方薬が使われます。

虚弱体質を改善するために、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や、
桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくだいおうとう)、
桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
といった漢方薬も自律神経失調症の治療に処方されています。

自律神経失調症

トップページ
自律神経失調症を理解することの大切さ
自律神経失調症はどんな病気か知っておこう
自律神経失調症と交感神経の働きについて
自律神経失調症と副交感神経の働きを知っておこう
自律神経失調症になる原因にはどのようなものがあるか
自律神経失調症になりやすい性格の人
自律神経失調症には種類がある
自律神経失調症はどんな症状が出るか知っておこう
自律神経失調症は女性の発症率が高いことが特徴
自律神経失調症はどのように診断されるか
自律神経失調症はどの診療科で診てもらうか
自律神経失調症の治療法にはどのような治療があるか
自律神経失調症の自律訓練法はどのような治療か
自律神経失調症のカウンセリングについて
自律神経失調症の漢方療法のメリット
自律神経失調症の治療法・マッサージ
自律神経失調症の薬物療法ではどのような薬が使われるのか
自律神経失調症を絶食療法で治す
自律神経失調症を催眠療法で治そう
自律神経失調症を治す行動療法とはどのような治療なのか
自律神経失調症になると不眠症になる
自律神経失調症と不安症の関係は深い
自律神経失調症から引き起こされる病気はたくさんある
自律神経失調症はうつに気をつけることが大事
自律神経失調症と深い関係のあるうつとはどのような病気か
自律神経失調症を防ぐ生活習慣がある
自律神経失調症の大敵、ストレスは種類がある
自律神経失調症を悪くするもの、便秘には気をつけよう
自律神経失調症を悪化させない便秘解消法
自律神経失調症改善に役立つおすすめのアロマ
自律神経失調症を防ぐために趣味を見つけよう
自律神経失調症に効く半身浴のメリット
自律神経失調症の人に伝授。夜ぐっすり眠れる方法
自律神経失調症は人間関係が壊れる可能性が高い
自律神経失調症を防ぐための交友関係
家族が自律神経失調症になったら
自律神経失調症に見られるトラブル
自律神経失調症は栄養バランスの悪さも関係する
自律神経失調症におすすめの栄養素
自律神経失調症に効く食事の摂り方
自律神経失調症と外食の関係
自律神経失調症にならないように考え方を変えてみる
自律神経失調症を予防するためには早寝早起きをする
自律神経失調症とお酒の付き合い方
自律神経失調症を改善するには禁煙が必要
自律神経失調症にならないためのストレスチェック
ストレスに強い精神力をつけて自律神経失調症をなくそう
自律神経失調症を改善するために活性酸素を取り除こう
自律神経失調症を改善するには呼吸が大事
自律神経失調症になったら休養しよう

その他

リンク募集中